オノデラ ユミコ   Yumiko Onodera
  小野寺 由美子
   所属   体育学部体育学科 体育理論(医学を含む)
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002/08
形態種別 国内学術誌に掲載された論文(本学紀要を含む)
査読 査読あり
標題 ウォーキング指導による運動の量と質の変化
執筆形態 共著
掲載誌名 健康医学
掲載区分国内
巻・号・頁 17(3),388-392頁
著者・共著者 小野寺 由美子, 菊池 美也子, 蒲浦 光正, 羽鳥 裕, 朽木 勤
概要 身体活動量を増やすことを目的とするウォーキング指導の前後で,歩行運動の量と質の変化を観察した。指導前に活動量が少なかったLow群は,指導後に1日の歩数が増え,運動量が増加した。指導前からすでに活動的であったHigh群では,歩数と運動量の有意な増加は認められなかったが,ウォーキングの質と考えられる歩数あたりの運動量は有意な増加が認められた。以上より,ウォーキング指導では,歩行運動の量だけでなく質の変化も評価する事が重要であることが示唆された。