オイカワ ユウスケ   OIKAWA Yusuke
  及川 佑介
   所属   体育学部体育学科 体育理論(医学を含む)
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/11
形態種別 報告(一般誌への寄稿等、行政機関等で作成された報告・資料、スポーツ団体関係誌への寄稿等)
標題 オリンピック・ベルリン大会におけるバスケットボール種目に関する史的考察②-日本代表チームの戦術について(1936年)-
執筆形態 単著
掲載誌名 バスケットボールプラザ
掲載区分国内
出版社・発行元 NPO法人日本バスケットボール振興会
巻・号・頁 (47),pp.27-30頁
担当範囲 pp.27-30
著者・共著者 及川佑介
概要 日本代表チームは、速攻法をほとんど使うことが出来ず、システムプレーを用いたものの、コーチを務めた三橋誠が、システムプレー(遅攻法)と速攻法を組み合わせた戦術を採用しようとしていた。